8月1日(木)トークセッション「地域×市民政治」〜ヨーロッパの最新事情から〜

ローカルとグローバルがクロスする・トークセッションを開催!

報告はこちらへ。http://toshima.seikatsusha.me/blog/2019/08/02/4050/

ゲスト:岸本聡子さん
聞き手:塚田ひさこ

時間:17時30分〜19時 
参加費:500円(資料代)##参加費は、当日受付でお支払いください。
主催:豊島・生活者ネットワーク
申し込み・お問い合わせ:03−5917−4272(豊島ネット事務局)

オランダ在住のシンクタンク研究員の岸本聡子さんに、
5年に一度の欧州議会選挙が行われたばかりのヨーロッパの
新しい地域政党の活発な動きや、若い人たちを中心とした
「環境」を中心とした市民運動についてなど、語っていただきます。

トークイベントは、おなじみの要町あさやけ子ども食堂(豊島区要町1-39-4)
の場所をおかりして、行います。
家庭的な雰囲気の中で、ヨーロッパの最新事情や市民の動き、
日本とヨーロッパの選挙や投票行動の違いなども
お聞きしたいと思います。私からは、区議会についてもお話しします。
ローカルとグローバルがクロスするトークセッション!
ぜひ、おいでください。

お申し込みはpeatix からもできます。お待ちしております!

岸本聡子(きしもと・さとこ)
東京都出身・環境NGO「A SEED JAPAN」を経て、2001年よりオランダに移住。子育てをしながら2003年よりオランダ、アムステルダムを拠点とする「トランスナショナル研究所」(TNI)に所属。経済的公正プログラム、オルタナティブ公共政策プロジェクトの研究員。水(道)の商品化、私営化に対抗し、公営水道サービスの改革と民主化のための政策研究、キャンペーン、支援活動をする。近年は公共サービスの再公営化の調査、アドボカシー活動に力を入れる。生活クラブの「生活と自治」に連載中。

*岸本聡子さんは、さまざまな媒体でコラムを連載中です!
「マガジン9」でも「ヨーロッパ・希望のポリテックスレポート」を連載中。
無料で読めます。ご参考までに。